2016年02月28日

会津高原の秋彩~♪

8turezure20.jpg
『会津高原』は福島県の南西部に位置し、周囲を日光国立公園、越後三山只見国立公園、只見柳津県立自然公園、大川羽鳥県立自然公園に囲まれた自然豊かな、古い歴史が息づく地域です。
今回はからむし織りの里・昭和村にある『白亜の森』と『矢ノ原湿原』を訪ねてみました。
晩秋の奥会津の風情を、ごゆっくりとお楽しみ頂ければ嬉しいです<(_ _)>
        (2003.10.25撮影)


8turezure1.jpg
博士峠 1
私の住む会津高田町から会津高原へは、国道401号線を通ると約30分ほどで行く事ができます。
博士山 (1482m)は柳津町・昭和村・会津高田町の境界に位置し、博士峠とは、昭和村と会津高田町を 結ぶ峠道です。


8turezure2.jpg
博士峠 2
伊佐須美(いさすみ)の神は博士山から明神ヶ岳(みょうじんがたけ)に移り、山をおりたと伝えられています。
標高1482mの山頂からは大パノラマが楽しめます~♪


8turezure3.jpg
博士峠 3
晩秋の斜光は、紅葉を美しく浮かび上がらせてくれます。
もう少し強い陽射しだとよかったかな、、、


8turezure4.jpg
博士峠 4
博士山の山頂付近では、南会津を代表するブナの原生林を見ることができます。
又特別天然記念物のイヌワシの生息も確認されていますので、運がよければ見られますよ~♪

あ、これはブナではありません、、、イタヤカエデの黄葉ですね。。。ブナの黄葉は早く、このときは既に落葉していました。。。
ここで雑学をひとつ : イタヤカエデの名は、葉がよく茂り、板屋根のように雨を通さないことに由来するそうです。
葉身の長さは6~14㎝で、5~7裂し黄葉します。


8turezure5.jpg
博士峠 5
山頂付近です。
落葉もかなり進んでいますね、、、
黄緑の葉は何の木でしょうか?
逆光に映し出され綺麗でした~♪


8turezure6.jpg
博士峠 6
ヤマモミジでしょうか?、、、
青空を背景に燃えるような紅葉でした、、、
あ、白樺も見えていますね~♪
山頂を昭和村寄りにちょっと下ったこのあたりには、『純白の花園』と呼ばれる水芭蕉の群生地があります。


8turezure7.jpg
博士峠 7
ここは『博士の休殿』と呼ばれるところで、ロマンス街道の中間点です。

山もみじのさらさらした枝ぶりが綺麗でした~♪


8turezure8.jpg
博士峠 8
この奥に駐車場もあります。

大木に絡み付くようなヤマモミジ、背景の緑とのコントラストが綺麗でした~♪


8turezure9.jpg
博士峠 9
紅葉と黄葉に混ざって、緑のツタも美しいものですね、、、
お互いを引き立てあっていました~♪


8turezure10.jpg
博士峠 10
博士山麓のこの辺りには木道が敷設され、水芭蕉群生地の『純白の花園』と白樺林の『白亜の森』が、『ロマンス街道』という呼び名の全長960mの遊歩道で繋がっています。
それにしましても、なんとロマンチックな名称ばかりなんでしょう!(^_-♪


8turezure11.jpg
博士峠 11
これも何の木でしょう、、、?
ミズナラでしょうか??、、、
こうして大自然をゆっくり見渡してみますと、判らない樹木のなんと多いことでしょう!、、、


8turezure12.jpg
博士峠 12
ところどころに沢の流れもあります。
奥の黄葉がブナの原生林です。


8turezure13.jpg
白亜の森 1
綺麗ですね~♪
白樺の樹肌とヤマモミジの紅葉!、
会津にもこんなに美しい白樺林があったんですね~!(^_-♪


8turezure14.jpg
白亜の森 2
青空にもよく似合いますね~♪
お天気のよい日はこんな角度から、、、


8turezure15.jpg
白亜の森 3
これまで私は、会津でこんなに美しいヤマモミジを見たことがあったでしょうか、、、
特に今年は全般に紅葉がイマイチだったというのに、この美しさです~♪
ここでは白樺が、風雨や霜からヤマモミジを守ってくれるのではないかと思うのですが、、、?


8turezure16.jpg
白亜の森 4
《ヤマモミジ》

カエデ科カエデ属 : 高木
北海道および本州の日本海側に分布。
庭木や公園樹、盆栽などに利用される。
葉身の長さは6~10cm、5~9裂。


8turezure17.jpg
白亜の森 5
ヤマモミジの黄葉です。
ここの白樺林はよく手入れされており、絵になるヤマモミジが数本あるだけです。
足元にはきのこもあちこちからニョキニョキ~♪
きのこ狩りも楽しんでしまいました~!(^_-♪


8turezure18.jpg
白亜の森 6
白亜の森の人気者・美しいヤマモミジです~♪
この森には大きなヤマモミジはこれ一本しかありません。
今回ここでのどの写真も、私は下の方や全体を写しておりませんね、、、
実はこのヤマモミジを取り囲むように、大勢のカメラマンが三脚を立て頑張っていらっしゃるのでした~!(^_-♪


8turezure19.jpg
白亜の森 7
美しい白亜の森に心を残し、次の目的地矢ノ原湿原へと向かいました~♪


8turezure20.jpg
紫の山並 1
こんな美しい光景があったのですね~♪
ちょっと迷い道をしてしまったために出逢った風景です。
同行者一同、感動の一瞬でした!(^_-♪


8turezure21.jpg
紫の山並 2
少しよってみました~♪
落葉した樹木と紅葉黄葉する樹木、、、
油絵のような世界ですね~♪


8turezure22.jpg
紫の山並 3
今度は私も光と遊んでみました~♪
二度と出逢えないような光景に、この秋はもうこれだけで大満足でした!(^_-♪


8turezure23.jpg
会津高原の紅葉
白亜の森から矢ノ原湿原へは、車で10分くらいの距離ですが、なんと道を間違い南郷村へ向かってしまいました。。。
しかし遠回りしたお陰で、こんな綺麗な紅葉山と出会えました~♪


8turezure24.jpg
会津高原の黄葉
ふくしまの水30選にも選ばれた「清流 玉川渓谷」です。
近くには「藤八(とうばち)の滝」もあります。
この道路はワタスゲの駒止湿原や、ヒメサユリの高清水自然公園にも通じているので、結構交通量があります。


8turezure25.jpg
矢ノ原湿原 1
ここが矢ノ原湿原です~♪
見渡す限りの紅葉・紅葉・紅葉!!
そして驚きました、、、
狭い道路一杯に駐車してある車の列、、、他県ナンバーばかりです。
そしてそして、沼を取り囲む三脚とカメラマン、、、
沼のほとりを一周するグループもいます、、、
こんな山奥に、こんな美しいところがあったことに感激です!(^_-♪


8turezure26.jpg
矢ノ原湿原 2
ここは昭和村の西部に開けた湿原で、ヒツジグサが浮かぶ矢ノ原沼です。
矢ノ原湿原は、この沼を中心に開けています。


8turezure27.jpg
矢ノ原湿原 3
木々の間から見える沼が、しっとりと美しく感じられました~♪


8turezure28.jpg
矢ノ原湿原 4
この沼は映り込みが綺麗なのですね~♪


8turezure29.jpg
矢ノ原湿原 5
モリアオガエルやハッチョウトンボ、アカゲラ等野鳥の宝庫でもあるらしいのですが、、、
うぅぅ・・・残念、気づかなかった。。。


8turezure30.jpg
矢ノ原湿原 6
すれ違えない程狭い遊歩道に三脚を立て、真剣に沼面にカメラを向ける人垣・・・
ちょちょっと横から手持ちで失礼。。。


8turezure31.jpg
矢ノ原湿原 7
湿原の周辺は2次林のコナラ、ミズナラ群落域により形成され、280種の植物が生息しているそうです~♪


8turezure32.jpg
矢ノ原湿原 8
反対側に周ってみました~♪
矢ノ原沼は一時間ほどで一周できるそうです。


8turezure33.jpg
矢ノ原湿原 9
ここでは折れた木も絵になります~♪
では伝説をひとつ・・・
『七尋泥鰌・ななひろどじょう』
 昔この辺りは昼なお暗い自然の大密林だった。
その中に水を一杯に湛え、銀色の沼が静かに淋しく光っていた沼の主は七尋(約12m)もある大きな泥鰌が住んでいた。沼の中には4m四方位の底なしの井戸があり、また一山隔てた小矢の原の密林に隣り村へ通ずる一本道がある。
その道わきに泥鰌堀と言う底無しの堀があった。 石取山の下を通って沼と堀が継がっていると言われたある人が、手杵に赤い帽子を被せ堀へ浮かせたら明日の朝矢ノ原沼へ浮かんだ。また明日は泥鰌堀へ浮きた。 これは七尋泥鰌が銜えて堀と沼を往来して遊んだのだと言い伝えている今もこの沼には泥鰌が沢山住んでいる。
「注、小矢ノ原、底無し井戸、泥鰌堀」として残っている。   (立て看板より)


8turezure34.jpg
矢ノ原湿原 10
この沼には、ミツガシワやヒツジグサ、水中食虫植物のタヌキモが浮遊し生存しているそうです。


8turezure35.jpg
矢ノ原湿原 11
総面積4126haの矢ノ原湿原は、南と北に二分され、北湿原はミズバショウ、ワタスゲ、ミツガシワが現存する広大な湿原だそうです。また南湿原は亜寒帯系植物として、ミツガシワ、ヤマドリゼンマイ、ヤチスギラン、マルバノモウセンゴケ、イワイチョウ、ワタスゲ、ミズバショウが現存しているそうです。

またそれぞれの季節に訪ねてみようと、紅葉の美しい矢の原湿原を後にしました~♪


8turezure36.jpg
矢ノ原湿原 12
今回も最後までお付き合い下さいまして、
ありがとうございました!m(__)m

今年の会津の紅葉はイマイチだと思っておりましたが、会津高原で思い掛けなく美しい紅葉と美しい風景に出逢いました。
会津にも、まだまだ未開の美しい自然が沢山残されている事を知る一日となりました、、、
そんな会津をこれからも楽しく撮り歩き、発信できたらと思っております。
またお付き合いくださいね~♪
                    (2003.11.20記)




posted by sumiko34 at 20:01| 福島 ☔| Comment(0) |        会津高原の秋彩~♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。