2016年02月28日

みちのくの小京都・角館の枝垂桜

 武家屋敷通りの黒板塀を越えて咲く、壮観な枝垂桜を愉しみに、秋田県角館に行ってきました。見頃にはちょっと早くまだ3分咲きでしたが、それでも場所によっては満開のところもあり、豪華絢爛薄紅色の大波を満喫することができました。ご一緒にお楽しみ下さい~♪
       《2003.04.24撮影》


5sakura1.jpg
黒板塀と枝垂れ桜

 黒塗りの板塀を越えて道をおおうように咲く薄紅の枝垂れ桜、、、満開の時期は、桜の花のトンネルになるようです。


5sakura2.jpg
美しい枝垂桜

 樹齢200年以上、平均樹高11m、国の天然記念物に指定されている名木は、150本を超えるそうです。


5sakura3.jpg
武家屋敷通り

 江戸時代の武家町並みを、そのまま残している武家屋敷通り。各家の黒板塀を乗り越えて咲く400本の枝垂桜が咲き競う様子は、壮観でしょうね~♪


5sakura4.jpg
青柳家の枝垂桜

 みちのくの小京都とよばれる角館は、檜木内川(ひのきないがわ)に沿って開け、北側に武家町、南側に町人町と区画された佐竹北家の城下町です。


5sakura5.jpg
角館の枝垂れ桜

 江戸時代初期、京の公家の娘が佐竹北家第2代義明に輿入れした折に、3本の枝垂桜の苗木を持参したのが始まりだと伝えられています。


5sakura6.jpg
武家屋敷

 江戸次第そのままの堂々とした構えです。
公開されている屋敷内は、どこも観光客でいっぱいです、、、


5sakura7.jpg
薄紅の枝垂桜

 枝垂桜と松や樅など常緑樹の緑、板塀の黒が織り成す光景は、見事な景観を作り出します。


5sakura8.jpg
青空と枝垂桜

 桜には青空がよく似合います。
薄紅色を更に艶やかに映し出してくれるのでしょうね、、、


5sakura9.jpg
武家屋敷の枝垂桜

桜色一色に染まる通りには、大勢の観桜客で賑わっています。


5sakura10.jpg
まだ3分咲き、、、

桜の開花予想は難しいですね、、、
日陰のところは漸く数輪開き始めたところです。
満開だったら、どんなに美しいことか、、、


5sakura11.jpg
満開の枝垂桜

 枝もたわわに満開の桜が屋根をおおっています。


5sakura12.jpg
華やかな枝垂桜

  枝垂桜は、自生種の江戸彼岸のなかで、枝が垂れ下がるように伸びる品種です。
紅色の強いものを紅枝垂れ、八重咲きで紅色の品種を八重紅枝垂れと呼ばれているようです。
またソメイヨシノの枝垂れ品種である枝垂染井吉野もあるようです。


5sakura13.jpg
桜と野鳥さん~♪

ニュウナイスズメ君もお花見です~♪
美しい囀りに見上げると、真上に見慣れない野鳥さんが、、、
名前を教えて頂きました。ありがとうございました!m(__)m


5sakura14.jpg
檜木内川(ひのきないがわ)堤の桜並木

 昭和8年に築堤の記念と現在の天皇陛下のご誕生を祝って、408本のソメイヨシノが約2kmにわたって植えられたそうです。
 この日はまだ3分咲きでしたが、雄大な美しい景色を眺めながら、お花見弁当を広げる観桜客で賑わっていました~♪


5sakura15.jpg
 今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました!m(__)m
駆け足の観桜でしたが、またいつの日か今度は満開の時に、古への町並みをゆっくりと撮り歩いてみたいと思っています。
           《2003.05.01記》



posted by sumiko34 at 23:45| 福島 ☁| Comment(0) |        角館の枝垂桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする