2016年02月28日

京都梅紀行 Ⅰ   

≪野鳥を撮りに京都へ行こう~♪≫
kita1-1.jpg
“東風ふかばにほひおこせよ梅の花
  あるじなしとて春を忘るな”
                   (菅原道真)
 寒さの向こうに佇む春告草、、、
京の都の紅白梅を撮り歩いて来ました~♪
馥郁とした情景と野鳥さんの可愛い姿をお楽しみ下さい!(^_-♪
      (2003.03.01~03.09撮影)


5kyo1.jpg
北野天満宮 1
 万葉の昔から、早春の寒気の中で咲く奥ゆかしく美しい梅の花は、春を告げる花としてこよなく愛されて来ました。

 “梅一輪一輪ほどの暖かさ”(嵐雪)


5kyo2.jpg
北野天満宮 2
 『梅』と言えば、学問の神様・菅原道真公の“東風ふかば・・・”の歌や飛梅伝説を思い起こされますが、各地の天満宮には今尚梅の名所が多いようです。
 約2000本の梅が咲き誇る日本一の梅苑、北野天満宮を訪ねて見ました~♪


5kyo3.jpg
北野天満宮 3
菅原道真公が大宰府で没した後、京都は落雷地震などの天災や疫病が続いたため、人々は左遷された道真公の祟りだと噂するようになったそうです。 947年(天暦1)村上天皇の御代、その霊を慰めるために北野天満宮が創建されました。以来梅は、天満宮の象徴とされています。

三光門(さんこうもん)を彩る紅白梅!
この日一番の人気でした~♪


5kyo4.jpg
北野天満宮 4
 梅は花暦では1月の花で、百花に先駆けて咲くため『春告草(はるつげぐさ)』や、春風を待って咲くところから『風待草(かぜまちぐさ)』の別名があります。


5kyo5.jpg
北野天満宮 5
《ウメ・梅》

バラ科
英名=Japanese apricot
別名=むめ、春告草、風待草
原産:中国四川省から湖北省

 300種を越える園芸種は通常、野梅系、紅梅系、豊後系、杏系の4タイプに分類されます。


5kyo6.jpg
北野天満宮 6
 境内にある牛の像は神の使いといわれ、この牛の頭をなでると頭がよくなると信仰されているため、ピカピカでした~♪


5kyo7.jpg
北野天満宮 7
 平安時代の学者で右大臣だった道真公は、大宰府に左遷されて2年後に59歳で亡くなられました。
今では学問の神様として慕われ、道真の誕生日(6/25)と命日(2/25)にあたる25日には多くの参拝者で賑わいます。


5kyo8.jpg
北野天満宮 8
三光門の雪と紅梅です~♪


5kyo9.jpg
北野天満宮 9
淡いピンクの八重咲きのこの梅の花は、満開の桜のようで華やかでした~♪


5kyo10.jpg
北野天満宮 10
 枝垂れ梅、、、澄み切った空気に包まれ、春を待ちわびる人々の心を魅了し続けます~♪


5kyo11.jpg
北野天満宮 11
清々しく凛とした佇まいの白梅に対し、紅梅は女性的で艶やかな美しさです!


5kyo12.jpg
北野天満宮 12
幹の苔や植物に歴史を感じます!、、、


5kyo13.jpg
北野天満宮 13
 壮麗な本殿・拝殿(社殿)は国宝で、慶長12年豊臣秀頼の造営によるもので、八棟造(権現造)と呼ばれ、桃山建築の代表的遺構だそうです。


5kyo14.jpg
北野天満宮 14
 珍しい『雲龍梅』です。枝がくねくねしています。


5kyo15.jpg
北野天満宮 15
三光門前の枝垂れ白梅!、、、綺麗でした~♪


5kyo16.jpg
北野天満宮 16
 美しいしだれ梅!
中国から渡来したのは当初白梅で、紅梅は9世紀に入ってからもたらされたらしく、清少納言は『枕草子』で、“木の花は、濃いも薄きも、紅梅”と称えたそうです。


5kyo17.jpg
北野天満宮 17
『木花・此花(このはな)』
 木に咲く花の代表格として、梅のことをいいますが、桜のこともまたいうようです。


5kyo18.jpg
北野天満宮 18
 早咲きの花は、もう散り始めていました、、、


5kyo19.jpg
北野天満宮御土居梅苑 1
 御土居・おどい(土塁。国指定遺跡)の梅苑は、深閑とした森を流れるせせらぎに沿って観梅でき、素晴らしい景観でした~♪


5kyo20.jpg
北野天満宮御土居梅苑 2
秀吉が築かせた御土居は境内西側にあります。


5kyo21.jpg
北野天満宮御土居梅苑 3
 散策路が整備されており、紅白鮮やかに咲き誇る梅の花は見事でした~♪


5kyo22.jpg
北野天満宮御土居梅苑 4
 竹林を背景に枝垂れ白梅が春風と戯れる姿は、落ち着いた風情が感じられ和みます~♪


5kyo23.jpg
北野天満宮御土居梅苑 5
小高い山から見下ろした御土居梅苑は、宛ら白とピンクの花柄の絨毯を敷き詰めたようで綺麗でした~♪


5kyo24.jpg
北野天満宮御土居梅苑 6
 御土居梅苑と参道脇梅苑は、このような散策路で繋がっています。ここからの眺めが圧巻です!


5kyo25.jpg
北野天満宮梅苑 1
苔生した参門をくぐると参道脇の梅苑に出ました~♪


5kyo26.jpg
北野天満宮梅苑 2
約16000㎡の敷地には、珍種も花を咲かせる必見の場所だそうです。


5kyo27.jpg
北野天満宮梅苑 3
ここではお茶とお菓子が振舞われ、梅林を眺めながらゆっくりとできます~♪


5kyo28.jpg
北野天満宮梅苑 4
美しい紅梅でした~!
名前を知りたかったですが、写真を撮る場合はネームプレートはないほうがいいですね~(^_-♪


5kyo29.jpg
北野天満宮梅園 5
梅苑出入口近く、楼門の壁を背景にした梅林です。


5kyo30.jpg
北野天満宮 6
 7、8分咲き見頃撮り頃、北野天満宮の紅白梅は、種類も情景も素晴らしいものでした。春の雪が時折舞う中、大満足の観梅でした~♪


5kyo31.jpg
京都府立植物園 1
 さてさて今回の旅の最大の目的は、実は植物園でカワセミを撮る事でした~♪
 昨秋紅葉を撮りに半木の池を訪ねた時、なんとカワセミを遠くながらも撮る事が出来たのでした。それ以来、何とかもう少し大きく綺麗に撮るにはどうしたらいいのだろうと、本気で考えていたのです。(笑) 家族や周りには、野鳥さんを撮りに京都へ、、、と言ったところで理解されるどころか、益々変人度が強化されると懸念されましたので、丁度一度見てみたかった北野天満宮の観梅の時期と合わせたのでしたぁ~!(^_-♪
で、カワセミはどうだったのかって?、、、うふ~ それは、、、あ、同じページにあの翡翠色を載せてしまいましたね、ということで、やっぱり、、、
“野鳥を撮りに京都へ行こう~♪”ですね(^_-♪


5kyo32.jpg
京都府立植物園 2
北山門前庭園の梅林です。

 今回の旅は、晴天、吹雪、雨天とお天気が目まぐるしく変わりかなり苦戦しましたが、それでもめげずに出かけると、晴天の時には出会うことのない水滴の輝きや光の屈折の美しさに感動したものです。
写真は出会いといわれますが、何事もいい出会いとは、厳しい環境のなかにこそあるのでしょうか?、、、
表現できない腕の未熟さを痛感しました~♪


5kyo33.jpg
京都府立植物園 3
見てください~♪
私が夢にまで見たカワセミ君です!(^_-♪
なんと初日、いきなり、それもわずか5m位のところで撮ることが出来たのです。
周りには誰もいません。1対1です。
この後どうなるのか、、、ワクワクドキドキ、シャッターを押し込む指が震えます。
(背景や木の枝、カワセミ君の向きなど今は贅沢は言えません、、、(笑))


5kyo34.jpg
京都府立植物園 4
お顔もよく写そうと少し移動してみました、、、
その直後ドボーン!、、、
カワセミ君は狙っていた小魚めがけ飛込み、その後どこかへ飛び去ってしまいました~♪
ちょっとブレていますが、それでも嬉しかったですね~  この感激が忘れられなくて、この後連日通うことになるのですが、これ以上接近したものは撮れませんでした、、、


5kyo35.jpg
京都府立植物園 5
カワセミ君の住む半木の池(なからぎのいけ)の隣には、梅林があります。
古木はまだ3分咲き程度でした~♪


5kyo36.jpg
京都府立植物園 6
閉門の時間になり急いで帰ろうとすると、可愛い野鳥さんが白梅に、、、
『シロハラ』でした~♪
初めて出会った野鳥さんです、嬉しい~(^_-♪


5kyo37.jpg
京都府立植物園 7
ちらちら春の雪が舞う日もありました。
カンツバキ群のサザンカ『シシガシラ・獅子頭』、私の大好きな山茶花です~♪


5kyo38.jpg
京都府立植物園 8
いゃー、♂ジョウビタキ君~♪
人懐っこい鳥気質なんでしょうか?、、、
行く先々に出没します(笑)
こんなに綺麗で特徴のある野鳥さんなんですが、実はルリビタキ君と縄張り争いをし、気の弱い?ルリビタキ君をいじめるらしく、ここの鳥待ちの皆さんの間では、不人気でしたぁ~!(^_-♪


5kyo39.jpg
京都府立植物園 9
 この野鳥さんも初めて出会った『アオジ』君です。
いつも雑木林の薄暗いところを、忙しそうに餌を啄みながら歩いています。
この時は、鳥待ちのおじさんが私のために林の中から、明るいところに誘き寄せて下さいました~♪


5kyo40.jpg
京都府立植物園 10
 晴天の日、逆光が白梅の花びらを通し綺麗でした~♪


5kyo41.jpg
京都府立植物園 11
 5時閉門のため、4時半になるとアナウンスがあり人の気配が急になくなります。
さぁ~ これからが野鳥さん達の出番です。
私も出口へ急ぎながら、途中出遭ってしまった野鳥さんは撮りたいし、大忙しですぅ~♪
あ、お馴染み『コゲラ』君ですね、、、


5kyo42.jpg
京都府立植物園 12
 やはりお馴染みの『ヤマガラ』君です~♪
もう閉門の5時まであと数分、、、逆光ですが、撮りなおしている時間がありませんでした~(笑)


5kyo43.jpg
京都府立植物園 13
 ツグミ君もジョウビタキ君に負けず劣らず、あちこちで出会いました、、、これは珍しく池の近くだったので撮ってみました~ ちょっと暗かったかな?、、、


5kyo44.jpg
京都府立植物園 14
梅林の古木です。
遅咲きなのでしょうか、、、まだ数輪~♪


5kyo45.jpg
京都府立植物園 15
 寒桜と雪です。
気温の低い日でした、、、


5kyo46.jpg
京都府立植物園 16
カワセミ君を探していると、のんびりとアオサギ君が飛んでは近くの枝に止まって、こちらを見ているのに気づきました。もっと近づこうとすると、サッと飛び立ちまた対角の位置にある枝に止まります。なるほど、、、私の様子がアオサギ君の位置からよく見えるのですね~!(^_-♪


5kyo47.jpg
京都府立植物園 17
 う~ん、何度見ても可愛いですね~♪
なんとなんと、出来たら会ってみたいと微かに期待していた『ルリビタキ』君にも、最終日出会ってしまいました~!(^_-♪
この時は雨が降ったり晴れたり、雨宿りのために雑木林に駆け込んだら、可愛い綺麗な野鳥さんが、、、目を疑いました~(笑)
願えば叶う、、、夢は持ち続ければいつかきっと~!(^_-♪
そんな事を改めて思い知ったのでした~♪、、、さてさて次の目標は、、、(笑)


5kyo48.jpg
京都府立植物園 18
 最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!m(__)m

春告草の美しい紅白梅を愛で、何もかも忘れ夢中になって野鳥さんを追いかけ廻した日々、今想いだしても楽しい最良の旅でした、、、

 続編『京都梅紀行Ⅱ』には、舞妓さんの艶姿も載せてありますので、引き続きご覧頂ければ嬉しいです!(^_-♪
          (2003.03.21記)



posted by sumiko34 at 22:30| 福島 ☀| Comment(0) |        京都梅紀行 Ⅰ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。