2016年02月28日

花笑み・ヒメサユリ♪

1-0.jpg
『花笑み』とは、百合の花が開く時の
高潔で気品あるさまにだけ使われるという、美しい言葉です。
南会津郡・高清水自然公園と、耶麻郡・熱塩加納村東舘山の
『花笑み』を、ご一緒にお楽しみ頂ければ嬉しいです♪
(2002.6.22、2002.6.8撮影)


hime1.jpg
花笑み・高清水自然公園 1

ヒメサユリは、福島、山形、新潟3県の県境に接した朝日、飯豊山系、吾妻山系、守門、浅草岳、宮城県白石川上流の一部にしか見られない貴重な植物で、環境庁のレッドデータリストに載っている絶滅危惧種です。


hime2.jpg
花笑み・高清水自然公園 2
和名:姫小百合
分類:ユリ科ユリ属
学名:Lilium rubellum

「乙女ゆり」「さゆり」「あいづゆり」などとも呼ばれ、古くは近縁種ササユリが日本列島を東北に分布を伸ばし、その他の環境に即応するように進化したものとみられているようです。


hime3.jpg
花笑み・高清水自然公園 3

「さ」という接頭語は、神や精霊を意味するそうです。ユリも神に捧げられる神聖な花だったので、小百合と呼ばれたようです。「ゆれる」ことを意味する「ゆる」あるいは「ゆすり」から転じた名前だといわれています。


hime4.jpg
花笑み・高清水自然公園 4

ヒメサユリは、種子から自然に増殖したものです。10月、さく果の中で結実した種子が地面に落ち、次の年に地下発芽し小球根を形成、2年目の春ようやく1枚の葉を地上に現します。


hime5.jpg
花笑み・高清水自然公園 5

3年目は1~2枚、4年目に茎立ちし5~6枚の葉を付け、生育のよいものが5年目で1~2輪の花を咲かせます。


hime6.jpg
花笑み・高清水自然公園 6

地表に種子が落ちてから花を着けるまで5、6年もかかるようです。


hime7.jpg
花笑み・高清水自然公園 7

多目的自然公園保全林近くのハイキングコースに、ヒメサユリの群生地があります。


hime8.jpg
花笑み・高清水自然公園 8

鬱そうとした林を抜けると、あたり一面に広がるヒメサユリの群生!!
薄紅色の可憐な花達のお出迎えに、訪れた人々にも笑顔がこぼれ、美しい景色に歓声があがります♪


hime9.jpg
花笑み・高清水自然公園 9

山肌を覆うばかりにピンクの花を咲かせ、自然が織り成す鮮やかな演出です!!


hime10.jpg
花笑み・高清水自然公園 10

このように木道も整備されており、四方の警備も行き届き、時折警告の大声が響き渡ります。


hime11.jpg
花笑み・高清水自然公園 11

ゆっくり見て周っていると、白花のヒメサユリを見つけました!!


hime12.jpg
花笑み・高清水自然公園 12

ここにも清楚な白花が、、、♪


hime13.jpg
花笑み・高清水自然公園 13

淡いピンクの花色も綺麗でした!!
このように花色も花形も、微妙な違いを楽しむ事が出来ます!


hime14.jpg
花笑み・高清水自然公園 14

この花に魅せられ、撮り続けていらっしゃる方も多いとか、、、!
木道のあちこちでは、カメラを向ける人の姿が目立ちました!!


hime15.jpg
花笑み・高清水自然公園 15

俯きに咲く花は可憐さと清楚さを備え、まさに「乙女」の風情そのものです!!
、、、都都逸では
 上を思えば限りがないと 下見て咲く百合の花、、、♪


hime16.jpg
花笑み・高清水自然公園 16

山の天候は変わりやすいもので、強風が吹いて来たかと思ったら雨になり、暫くすると雲の切れ間から太陽が覗いて来ました。しかし雲の流れは速く直ぐに雲に覆われ、ラッキーなことに霧が降りて来ました~♪
この間、僅か20分!!


hime17.jpg
花笑み・高清水自然公園 17

また逢いに行きたくなるような花を探していると、この緑の筋の入った美しいヒメサユリに出逢いました!!
強風に揺ら揺ら揺れ梃子摺っていると、ミツバチもやって来ました!、、、 この花、今が旬のようです~♪


hime18.jpg
花笑み・高清水自然公園 18

青空に白い雲を背景に咲くヒメサユリは、爽やかな感性を与えてくれます。


hime19.jpg
花笑み・高清水自然公園 19

霧が降りてきました!、、、
梅雨の予告を感じさせる雨の中に咲く花は、しっとりとした色合いで、乾いた心に潤いを与えてくれます!


hime20.jpg
花笑み・高清水自然公園 20

晴れの日には太陽をそっと仰ぎ、雨の日には黙し、風の日には風上に背を向け、20年間の歳月を掛け守り育てられた高清水自然公園の『花笑み』!!、、、自然が贈ってくれた季節のメッセージに感動です!!


hime21.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 1

だれが名付けたのか村人たちは、「乙女ゆり」「さゆり」と呼び、幾世代にもわたり「ヒメサユリ」を慈しんで来たそうです。


hime22.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 2

東舘山のヒメサユリは、飯豊山の残雪を背に、来る年も来る年も咲き続けます!!


hime23.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 3

背後に微かに見える山は雄国山です。お天気がよければ、その後ろに磐梯山が見えます!


hime24.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 4

東舘山の南斜面一帯に群生するヒメサユリは、花も大きく健康的です。。。


hime25.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 5

山ツツジも綺麗に咲いています!!


hime26.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 6

横向きに咲くヒメサユリは、難しい被写体です。。。


hime27.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 7

乱獲され絶滅寸前の昭和44年から保護増殖されてきた東舘山の麓の駐車場です。


hime28.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 8

ヒメサユリと山ツツジが群生する東舘山の南斜面です。


hime29.jpg
花笑み・熱塩加納村、東舘山 9

淡い色の花姿も楚々として美しく感じました。


1-0.jpg
花笑み・高清水自然公園 21

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!m(__)m
今年も早いもので半年が過ぎてしまいました。これからも大自然の中に息づく命あるものを訪ね、感動を明日へのエネルギーにして行きたいと思っております。
変わらぬご声援をよろしくお願い致します!m(__)m
天候不順な折、お身体お大事にね♪
(2002.6.30)



posted by sumiko34 at 21:00| 福島 ☀| Comment(0) |        花笑み・ヒメサユリ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする